読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただただダラダラ佇むダダイズム

知らざあ言って聞かせやしょう。

ブログにセクシーなお姉さんを出現させる方法を紹介!しようと思ったのだけども

f:id:onriedo:20170311172516p:plain

最近見た映画は「キャプテン・フィリップス」だ。

あいかわらずトム・ハンクス漬けの日々を送っている俺である。

みなさんは何漬けだろうか?

このブログのカスタマイズとして先日から「トップへ戻る」ボタンを設置してみた。クリックするとブログの一番上まで戻るあれだ。

PCのみなのでスマホの人にも分かるようにGIF画像を用意してみた。

 

f:id:onriedo:20170305040554g:plain

動きはこんな感じなんだなあ。画面を下にスライドさせるとボタンが下から上がってきて画面を上にスライドさせるとボタンが下がる仕組み。

ボタンは画像にしたのだけれどもヘッダーと同じようにボツになった素材を集めて作ってみた。ブリジット・バルドーのような女性とビニールテープと文字をあわせただけなんだけどねえ。

当初はもっとセクシーなお姉さんの素材があったのでそっちを使いたかったのだがそちらばかり見られて記事を読んでもらえなければ本末転倒だ。

なので少々控えめなセクシーさにしておいた。大体俺はそのセクシーなお姉さんの素材を何に使おうと思って購入していたのだろうか。もはや昔の自分が理解できない。

もちろん出せるのはセクシーなお姉さんでなくても可能だ。たとえば勇猛果敢な戦士を登場させることも可能だ。

f:id:onriedo:20170311041637p:plain

 

さらにはアツアツのご飯の上に梅干しを乗せようとしている写真を登場させることも可能だ。

f:id:onriedo:20170311052529g:plain

梅干しがあればご飯何杯だって食べられる。やる気になればなんだって出せるんだ。

この素材もなぜ購入していたのだろうか。

本来はもう一つ落ちに使うネタがあったのだがそれはあまりに恐ろしすぎるためにお蔵入りにした。

せっかくの土曜日の皆さんのるんるん気分を害したくないからだ。

そんな訳で「トップへ戻る」ボタン紹介をしてきたわけなのだけれどもお分かりいただけただろうか?

つまりはボタンをクリックすると画面のTOPに戻るのだ。

セクシーなお姉さんも勇猛果敢な戦士も関係はない。

あつあつのご飯と梅干しなんてもっと関係がない。

まあ写真や画像をボタンに使うとなると基本的には透過(背景が透けてるやつ)してるものを使うことになる。そうしなければ最悪サイドバーや本文に被って読めなくさせてしまうからだ。

そういう意味ではあつあつのご飯と梅干しもブログには邪魔なんだ。

大事なのはそこなんだ。遊んでいる場合ではない。

物事に敏感な俺はそのことに気づいてしまったのだ。

まあそんな訳なので今回はHTMLとCSSとjQueryを使ったトップへ戻るの方法を紹介しようじゃないか。

っと思ったのだが急遽予定が入ってしまった。帰宅後にコードも含めて紹介をしようと考えもあったのだけれども、これはこれで出してしまおうという決断に至った。

もちろんコードは用意してあるので後に出すのだけれども。今日は無い。

かたじけない!! 

まず今日はこれぎり!

© 2016 知らざあ言って聞かせやしょう.