読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただただダラダラ佇むダダイズム

知らざあ言って聞かせやしょう。

やりたくないことをやらないための第一歩

NO

世の中にはけっこうやりたいことリストなんかを作ってみましょうなんていうのがあるよね。まあそれはそれで良いのだけども。

逆にやりたくないことリストを作ってみたことはあるかな?
やりたくないことってけっこう仕方なくやっちゃうでしょ?これ本当はやりたくないんだけどなあって感じで。
だからやりたくないことを書き込んでリストにするんだ。

ただそれだけじゃなくて実際にやりたくないことリストに書いたことをやらないようにする。そうすると本当にやらなくても良いってことがけっこうあったりするんだよね。

なんで今までやってたんだろ?ってなるんだ。むしろその分やりたいことをする時間が増えていく。

だから無理にやりたくないことをやらなくても良いと思うんだ。

もちろんそれに合わせた生活が必要だがそれこそが本当に自分にあった生活なんじゃないのかなあ。そこに目を向けてあげてほしいよね。それが本当の姿の自分自身なんだからさ。

やりたくないことをやらないっていうのってわがままと人の目には写ると思うかもしれないけどそんなのは気にする必要はないんだ。

昔の俺がそうだったけど人の目を気にしすぎると自分を苦しめてしまう。誰かが見てるから。誰かがこう思うと嫌だから。そう言って嫌なことを自分に強要してきた。
これは誰かというよりも誰かと言う名をつけた自分の弱さなんだよね。その誰かというのは自分の心の中にいるものなんだ。

本当の自分を出すのが怖くてそれを隠すのに都合のいいように存在させているものにすぎないんだよ。

俺は今までの経験上で分かったのは心の中にはそいった存在がけっこうたくさん潜んでいるということ。人は実際に存在しない恐怖におびえているんだ。過去の経験や考えているうちに想像してそういった存在を心の中に生み出している。

その存在を振り払ってその奥にある自分の心の声を聞いてあげてほしい。

実際に俺も今そうして生きている。やりたくないことはやらないって決めてる。それでも人に迷惑かけることもないし生活も仕事もできてる。

自分を大切にすることができると生きるのも楽になるんだ。本当にやりたいことにも集中できる。それに自分に自信がもてるようにもなるんだ。

まずはその第一歩としてやりたくないことリストを書き出してみよう。自分の本音を書くのって難しいものなんだよね。心にブレーキがかかって書けなかったりする。でも誰に見せるわけでもないんだから。自分の心に嘘はつかずに正直に思うままにまずは書き出すことからはじめてみると良いと思う。

まず今日はこれぎり!

© 2016 知らざあ言って聞かせやしょう.