読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただただダラダラ佇むダダイズム

知らざあ言って聞かせやしょう。

素直にアイムソーリー

昼間の記事は多くの人が読んでくれたようで嬉しく思う。

コメントもいただいた。みなさんありがとう。

その中で1つのコメントが気になったのだが。

前提とする世界が日本の大都市限定で、イメージが狭すぎてもやもやするということらしい。

もやもやさせてごめん。それは素直に謝る。

コメントをくれた人がどこに住んでいるかしらないが満員電車なんて存在しない社会もある。だからそもそも問題でもなんでもない人もいるのであろう。

ただ満員電車が存在する社会もあるのだ。その社会では問題なのだ。

新都知事が満員電車の解消を公約に掲げた位問題なのだ。

そんな社会に存在せずに田舎に住めば良い。それもその社会に生きる人の1つの選択だ。

しかしインターネットという広大な世界には共通の問題しか書いてはいけないのだろうか。

1つの社会の問題を書いても良いのではないか?

1つの社会や地域の問題を書けばイメージが狭いと言われてしまうなら俺は今後何も書けなくなる。

その方も自分で、前提とする世界が日本の大都市限定で、イメージが狭すぎてと書いているように

俺は全ての社会に向けては書いてない。1つの社会。その中のマイノリティの存在に向けて書いている。つまり少数派のごく一部でしかないのだ。

それを自分の住む社会に広げて読んでしまったからもやもやしたのであろう。

マスではなくパーソナルに向けて書いた。つまるところ前提にしているのは限定中の限定に書いたのだ。

それは記事の中にも書いたはずだが上手く伝わらないこともあるのだろう。

それは仕方のないことだしコメントしてくれた人に間違ってると指摘をしたいわけではない。

ただただ俺の書き方が悪かったのかもしれない。誤解した部分もあるだろう。

一度体験したら嫌になる。慣れる人もいる。しかし俺は慣れなかった。

そんな俺と同じ人に向けられたものなんだ。

だからこんな馬鹿な俺の記事でもやもやしていないでほしい。

それが俺の希望だ。

まず今日はこれぎり!

© 2016 知らざあ言って聞かせやしょう.