読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただただダラダラ佇むダダイズム

知らざあ言って聞かせやしょう。

苦しむ人に何かを伝えていきたい所存ですぞい。

f:id:onriedo:20170509051407j:plain

先日足の側面に痛みを感じていたのだが、その痛みが続き激痛に。どうやら短腓骨筋腱付着部炎というものになってしまったようだ。みなさんは何炎だろうか?まあ何炎でない方がいいのだけども。

俺は過去に椎間板ヘルニアになってしまったことがある。腰が痛いとは感じていたのだけども、ただの腰痛かと思って放っておいた。マッサージ等は受けていたのだけども腰は痛むばかり。ある時に左足に痺れが続くようになった。そして歩く度に腰に激痛が走る。それでも日々を過ごしていたのだけども、遂に足が思うように動かなくなり足を引き釣りながら歩いていた。

さすがにこれはまずいと思って病院にいったら、椎間板ヘルニアと診断されたのだ。しかも普通の人なら歩くのも困難な状態ですよと医師に言われた。俺は普通じゃないんですか?と聞き返すと、しまったばかりに言葉を詰まらす医師。看護師さん達は笑っていたなあ。まあ手術してなんとか治ったのだけどもね。

後から分かったことなのだが、これは発達障害の症状の1つだった。よくよく思い出してみると、小学校の低学年の時に兄と遊んでいて、俺は木から落ちてしまった。まあ普通に痛かったので泣いた。家に戻っても痛かった。だが普通に過ごしていた。次の日に学校で傷みに耐えきれずに早退し病院へ行くと、3箇所も骨折していたのだった。その時は親にも先生にも我慢強い子と言われていた。だが本当は感覚が鈍いということだったのだ。痛みの感じ方というのも人それぞれだが、俺の場合はその感覚が非常に鈍いのだ。

俺は発達障害やADHDの症状が他にもいくつものあると診断された。それらの症状が俺を社会不適合者にし統合失調症を併発する原因にもなった。もちろんそれらが俺を苦しめてきたのも事実である。だが、そんな自分に後ろめたい気持ちなどない。今ではむしろ発達障害やADHDである自分に誇りを持っている。これは個性なのだ。一般的な普通ではないかも知れないが、苦しむことのない生活を、いや、毎日を楽しく過ごせている。発達障害やADHDが治ったわけではないが、仕事も家庭も人間関係もすべて良好だ。どんな症状であれ俺の生活を苦しめる理由にはなっていない。

おそらく一般的な大きな社会にいれば俺はずっと苦しんでいたと思う。だが自分の社会を築いたので楽になったのだ。社会が何かをしてくれないというのではなく、自分のいるべき社会にいること。大きな社会ではないがクローズドでもない。それが自分らしく生きることを可能にしてくれた。発達障害やADHDと聞くと出来ないことばかりがクローズアップされるが、そういった人達だからこそ出来ることもあるのだ。

正直なことをいえば、今の一般社会(マジョリティ)は異常だと思う。それは俺の社会(マイノリティ)からみた一般社会だ。あちらから見れば俺は異常だと思われるだろう。お互いに異常ならそれで良いじゃないか。異常の質が違うだけなのだ。どちら側にしても何故自分だけが正常だと思いたがるのだろうか。数でいえば圧倒的に一般社会の方が多い。だが多い少ないの問題ではないのだ。お互いに理解しあうことの方がどれだけ有益か。俺は一般社会から酷い仕打ちを受けたが憎んではいない。彼らは彼らで自分の社会の常識を行っただけなのだから。それが俺から見れば異常だと思って批判しても何も始まらない。お互いに出来ることに違いがあるだけなんだ。たったそれだけなのに大きな差別が生まれてしまう。

もちろん、マイノリティを差別しない社会になってほしい気持ちはある。しかし、

俺がいる社会においてもマジョリティは異常だという声はたくさんある。アイツらがおかしくて正常なのは俺たちだ。病気なのはアイツらの方だ。そう言ったことを声を荒げてSNSで拡散している。自分達だけを正当化したいのだろうか。俺は凄いことを知っていると自分の優位性を示したいだけにしか思えない。なぜ戦おうとするのだろうか、共存しようと思わないのか。さらにいえばその拡散をしているSNSなどはマジョリティの産物だ。マジョリティだろうがマイノリティだろうが、大きな括りでは同じ社会にいて、密接に関わっていることを分からないのだろうか。どちらが正しいのかという環境において自らが苦しんできたのにも関わらず、自分の方だけを正しいとする。そこに何が生まれるかは自分が一番分かっているはずではないのだろうかねえ。もし社会的にマジョリティとマイノリティが逆転したとしても、そういった人達によって差別が生まれるだろう。それでは何も変わらない気がする。

自分の中の答えを探そうじゃないかい

これは発達障害やADHDの人だけではなく全ての人に言えることだが、合わないことや出来ないことに苦しまなくたって良い。むしろ合わないことや出来ないことを出来るようにすると苦しみが増してしまう。それでは自分が誰だか分からなくなってしまうんだ。誰かになる必要はない。人と比較もしないで良い。ただ自分らしくいてほしい。そうすれば自ずと本来いるべき場所が見えてきて楽にもなれる。簡単に書いたが簡単なことではない。だか真剣に自らに向き合えば自分の心の中に答えがすでにある。大袈裟にいえば答えはそこにしかないのだ。答えが分かれば、今までは人や社会のせいにして来たのが、全て自分のせいだったことに気づくはずだ。

過去の俺と同じように苦しむ人に何かを伝えられたら。そういう部分をもう少しこのブログでも書いていければと思ってる。その人の役に立つかは分からないが、誰かに伝われば良い。どんなに小さな光でも明かりを灯すことにつながれば嬉しい限りだ。上手く伝わるかどうかは分からないが、それでも書きたいと思ってる。そんな感じですぞいと。

まず今日はこれぎり!

無駄遣い話しから何故か悩みの話題へ

家なき男

昨日ブログを投稿した後に、注文していたレンズが無事に届いた。そこまで高いレンズではないのだけども、ずっと欲しかったレンズだ。ちょうど嫁ちゃんも帰ってきてしまったので試し撮りは次の機会に。はっきりいうと仕事では使えないと思う。趣味の世界のもの。まだ試し撮りもしていないので今回は記事には書かないが、今日はこの後出かけるので、購入したレンズをカメラに付けて初撮影してこようと思っている。

というかD750のレンズセットともう一本レンズを購入。その前にはManfrottoの三脚。そして今回のレンズ。その間にはPeakDesignのスライドというカメラストラップも購入。まったく関係ないがBEAMSとNORTH FACE PURPLE LABELがコラボしたスプリングコートも買ってしまった。この一ヶ月ほどでかなり金を使いまくってしまっている。今のところ予算内なので大丈夫なのだがそろそろ止めないといけないなあと思いつつ次の欲しいモノを物色中である。

まあ今でも大金持ちではないが、一時期はひきこもりを続け、果てにホームレスをしていた頃では考えられない生活を今はしている。期間は違うが、ひきこもりの時もホームレスの時もその当時は一生このまま続くことなのかと思っていた。統合失調症の時もそうだ。だが、後から思えば僅かな時間にも感じる。今こうして生きていられるのは、周りの人のおかげだ。もちろん自分が頑張った自負もあるが、そんなのはちっぽけだし自分の中のことだ。人々への感謝を忘れてはいけない。これを忘れた時、俺は過去のような自分に戻ってしまう。馬鹿な話かと思うかもしれないが、感謝というのは人生において、それだけ重要なのだ。

話がかわるが、

一瞬一瞬を見てしまうと正確に判断出来なくなってしまうものだ。車とか電車とかに乗ってると、近くのもモノは早く動くけど遠くのモノはゆっくりと動いているように見える。早い速度で走ってて近くの標識とか認識するのって大変ではないか。すぐに通り過ぎてしまうから余裕なんてない。力もグッと入る。でも、ある程度の距離があるものを見る時には、ゆっくりと進むので瞬間で見ようとしなくても余裕があるので楽だ。

サッカーの例えの方が分かりやすいか。サッカー場やテレビで見ていると、逆サイ空いてるじゃん!今のシュートでしょ!!あーーもう!!とかそんなシーンに出くわしたりする。遠くから見ているとピッチ全体が見えているので、そう判断するのは楽だろう。しかし自分が実際にピッチでボールを持っていると想像してみてほしい。全体を見ることができない。更には敵がボールを奪おうと迫ってきている。そんな中で瞬時に判断をして次の行動を起こさなければいけない。どうだろう?正しい判断が出来るだろうか。何もせずに動けないか逃げてしまうこともあるだろう。

これは現実にも同じことが言える。プレッシャーをかけ続けられる中でどれだけ正しい判断が出来るだろうか?だがもしそれを遠くから見れる自分がいたらどうだろうか。

俺だって今でも嫌なことや辛いこともある。それは生きていれば当然だ。だがそんな自分を客観的に遠くから見れる自分もいる。その瞬間瞬間の悪いことが後々の良い行き先に繋がるのが見えるというのだろうか。だから嫌なことや辛いことがあっても時間をかけずに切り替えることができる。さっきの例えでいうと、車から見た遠くの景色。ゆっくりと動いてるから余裕をもっているので感情の揺さぶりも少ない。そして遠くから見ている分、目的地も見えるから次はどこにパスを出そうかというような道のりも分かりやすい。こんな風に書くと特殊能力なんじゃないかと思う人もいるかも知れないが、俺自身がプレッシャーに負け続けて何もできずに動けない人間だった。だが今ではできるようになっている。これは成功体験による所が大きいのかなあ。逃げずに自分と向かい合ってきた結果だ。最初の経験や成功はどんなに小さくてもいい。誰だってまずはそこからがスタートだ。

そんなんで嫌なことや辛いことがあっても俺は今では悩んだりすることはないんだけどもね。まあ考えたりはするさ。考えを放棄したら生きていけない。けどそこで止められる。でも悩みとかって人それぞれあって、大きい小さいとかもあるけど、人の悩みと比べない方が良いと思うんだよねえ。誰かにとって小さい悩みでもその人にとっては大きい悩み。だから相手に自分の感覚で、そんな小さい悩みなんて!とかいうのってあんまり解消には繋がらない。ほら、僕はこんなに不幸だったんだよ。世界中を見てごらんよ。それに比べれば君の悩みなんてね?これも。その場その場では、ああっそうか!僕の悩みは小さかったんだ!と思うだけ。また次の悩みを見つけてしまったりするものなんだ。まあつまり何かの悩みを解消するよりも悩む癖というかその根本の心を見てほぐしてあげないとなんだよねえ。そうすれば嫌なことや辛いことがあっても悩みにはならなくなる。

うん?俺は今日何を書こうと思っていたんだったけか。思いつきのまま書いてしまったようだ。まあいつものことか。

まず今日はこれぎり!

俺の髪の毛は何故こんなに伸びてしまったのか。

His hair

今日は月曜日。みなさんいかがお過ごしだろうか?俺はスマホのケースを変えたい気持ちを抑えて仕事中である。だが少し息抜きをしているところだ。

今の俺の髪の毛は過去最高の長さだ。前は胸の辺り、後ろは肩甲骨の下辺りまでの長さがある。ずっと短くしていたのだがここ2年ほど髪は伸ばしている。ちょうど、この記事のTOPの写真のようなイメージだ。ストレートではなく、ナチュラルウェービングなのである。身だしなみが整えられずにだらしないという人もいるだろう。もちろんお手入れはそれなりにしている。

なぜ俺が髪を短く切らなくなったかというと、伸ばしたいと思ったのもあるが、髪を短く切る意味が分からなくなったからだ。また変なことを言い出したぞ?と思う方がいるかもしれないが、男性はいつの頃から髪を短くするというのが定着したのだろうか。映画などで昔の写真を見る限りは男性も女性も髪が長い。日本だけでなく世界をみてもそうだ。侍や騎士にインディアン。三国志を見てもみんな髪が長い。内田裕也も然り。

現世ではそもそも何故髪を短く切らなければいけないのか。

仕事があるのも分かる。サラリーマンであれば、ある程度の規律があるので当然なのかもしれないけども。俺は自営なので関係ない。髪のことで仕事が途切れたことなどない。むしろ俺を認識してくれるIDのような存在にもなっている。話しのネタにもなるので距離が近づきやすい。これは仕事だけでなく普段の生活でも同じだ。髪が長いことで何か滞りがあるといったことがない。むしろ仕事と同じように、認識されやすくなり良くされることの方が多い。普段は結んだりもするので邪魔になることもない。

だから余計に切る意味が分からないのだ。能率化?そもそもそんなに急いで生きなくても良い。なぜみんな短くするのか?と言っているわけではないんだ。髪を短く切らなくても良いといった条件の下であればどうであろうか?なぜ髪を短く切るのか。その答えが俺の中で出せていない。俺自身が分からないだけなんだ。もし明確な答えがあるなら短くしている。だが、男性は髪が短くあるべき。という現世の不文律なのであれば、それだけでは俺が髪を短くする理由にはならない。

まあ髪が長い短いはどうでも良いことなのだけども、自分でどうするか決めるというのは大事だ。世の男性は大多数が皆短いからという外的要因だけではなく、自らの答えはどうなのか。その時に出た答えに俺は正直に生きたいのである。つまりはシェキナベイベーということだ。うん。

ただ1つだけ困ることがあるのだ。それは、寝ている時は束ねた髪をほどいて寝ているのだけども、時たま寝ぼけた嫁ちゃんに髪を踏まれるのである。そして、それで目が覚めた時の不快さというのは言葉では言い表せない程だ。俺が髪を切るとしたら、この不快さに耐えられなくなった時か。

まず今日はこれぎり!

© 2016 知らざあ言って聞かせやしょう.